経営労務診断サービス

経営労務診断サービスの概要図
《経営労務診断サービスの概要図》
経営労務診断サービスとは?

経営労務管理に関わる基本規定(就業規則等)及び基本的数値情報(平均勤務年数等)に関する診断項目について、人事・労務管理の専門家である社会保険労務士が確認及び診断を行います。

 

また、その確認及び診断の結果を、社会保険労務士の署名を付して、ROBINSサイトに掲載します。

経営労務診断サービスの必要性

「ブラック企業」や「ホワイト企業」という言葉が生まれるなど、企業の労務管理状況への関心が高まってきています。

企業イメージ人材確保を考えるうえで、健全な労務管理を実施していることを社会にアピールすることが重要です。

経営労務診断サービスの有用性

社会保険労務士が確認及び診断した企業情報がROBINSサイトに掲載された企業は、労働法制を遵守している企業ということになります。

企業の信頼度が増すことにより、人材確保ビジネス取引拡大が促進されます。