健康経営・健康職場の実現のために

健康経営・健康職場とは

社会保険労務士事務所 アヴァロンの健康経営総合顧問

「健康経営」とは、従業員(やその家族)の健康増進を重視し、健康管理や健康投資を経営課題として捉え、その仕組みの構築や実践を図ることで、従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上、ひいては企業の収益性向上を目指す経営手法のことです。

また、「健康職場」とは従業員の健康や満足感と組織の生産性とが両立された、健康で活力ある職場のことです。

 

※外部リンク

 

健康経営・健康職場を実現する意義

社会保険労務士事務所 アヴァロンの健康経営総合顧問

従業員が心身の健康を害していれば、集中力や注意力が低下し、その結果として仕事の生産性(ひいては企業の収益性)も低下します。また仮に、従業員が休職する若しくは退職するようなことになれば、職場の業務遂行能力の大幅なダウンは避けられません。

今日、多くの企業では少数精鋭による業務遂行が定着していますので、例えひとりであっても、休職者や退職者が抜けた穴を埋めることは容易ではありません。ましてや、代替人員が補充されないとなれば、休職者や退職者が担当していた仕事を他の従業員に割り当てたり、職場内の役割分担を見直したりしなければならず、残った従業員の負担も高まります。このような状況が続けば、職場への不信感や不満感が高まり、新たな休職者や退職者が出ないとも限りません。

反対に、従業員の健康や満足感を維持・向上させることができれば、仕事の生産性・企業の収益性の向上に寄与することにつながります。つまり、従業員が心身ともに健康で仕事や職場に対する満足感が高ければ、組織目標等に向かって意欲を高め、持てる能力を最大限に発揮することができます。そして、そのことが仕事の生産性・企業の収益性の向上や好業績につながると期待できるわけです。

ここに企業が健康経営・健康職場の実現に取り組むことの意義があります。

健康経営・健康職場を実現するための取り組み

社会保険労務士事務所アヴァロンの健康経営総合顧問

では、健康経営・健康職場を実現するための取り組みとは、具体的にどのようなものでしょうか。

それは、決して特異な取り組みではなく、労働法や社会保険諸法令を遵守することです。

 

「凡事徹底(ぼんじてってい)」

 

労働法や社会保険諸法令とその関係通達等について趣旨・目的を正しく理解し、企業として「当たり前」のことを徹底的に行うことによって、他社の追随を許さない、健康で活力ある組織を実現しようではありませんか。

社会保険労務士事務所アヴァロンは、志を同じくする企業様と共に、理想の実現に向けて熱誠をもって取り組んでまいります。